八頭神社
 所在地:岡山県津山市桶屋町1
津山市の商店街中、アルネ津山横にあります。

赤い鳥居も印象的で気になっていたので少し立ち寄りました。
投稿日:2019-03-10 表示回数:925回
津山市,八頭神社

鎮産地 津山市桶屋町一番地(三〇八・五九平方米)
旧社格 無格社
祭神  倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)
    火産霊神(ホムスビノカミ)
由緒  此の地は往昔苫田郡戸川庄と称した
    昭和七年(一七七〇)神職熱田石見が勧請し 文化十五年(一八一八)山城国の稲荷本社より正一位稲荷の神階を受け 其の後八頭神社と号するに至った
    昭和二十一年(一九四六)宗教法人令による神社となり
    昭和二十五年(一九五〇)宗教法人法により宗教法人として登記した
宮司  福田景門
    神輿は明治十六年(一八八三)大阪の鎌田市右衛門によって謹製されたものである
神徳  倉稲魂命は豊受大神宮の荒魂で五穀豊穣、商売繁盛の守り神であり 火産霊神は火の神で火難防除の神徳がある
氏子  新職人町、桶屋町、新魚町、吹屋町

平成十二年四月吉日
赤い鳥居がきれいです。
鳥居を抜けた先にお社があります。

赤い鳥居、お稲荷様が居られるのでこちらが倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)の御社でいいと思います・・・。

正一位八頭大明神と書かれています。

こちらが相殿の火産霊神(ホムスビノカミ)の御社で良いのでしょうか。

商店街の神様には最適な神社ですね。

何の木でしょうか。
対の御神木がお社の裏にありました。
ページのトップへ戻る