旧津山藩別邸庭園(衆楽園)
 所在地:岡山県津山市山北628
 電話番号:0868-23-6507
  [ ホームページ ]
旧津山藩別邸庭園(衆楽園)は
平成十四年九月二十日に国指定名勝に指定されました。

立地は津山市役所の前
津山商業高校の横にあります。

津山市役所の前なので無料駐車場も130台もあり
入場料は無料です。(ペットは入れないのでご注意ください)
開場時間は7:00~20:00(11月~3月は17:00まで)と長く
綺麗に掃き清められた園内は清々しくふらりと行きたくなります。


投稿日:2019-03-27 表示回数:1190回
旧津山藩別邸庭園,衆楽園,観光地,津山市,入場無料

衆楽園は、津山藩主 森長継が明暦(一六五五~一六五八年)京都から小堀遠州流の庭師を招いて築いた大名庭園です。当時の面積は二三,五〇四坪と現在の三倍近い広大なもので、御殿が造られ城主の清遊の場となっていました。津山藩では防衛のうえから場内に他藩の使者を入れず、ここで対応したので「御対面所」と呼ばれました。
 その後、森氏にかわって入封した松平氏に引き継がれましたが明治三年正月、時の藩主松平慶倫が「衆楽園」と命名し公園として一般に公開しました。明治四年の廃藩御、多くの建物が取り壊され規模も縮小して一時「偕楽園」また「津山公園」と改称されましたが、幸いにして園池の主要部分は残り、大正十四年再び「衆楽園」と改称し現在に至っています。

 この庭園は京都の仙洞御所を模したもので、明暦の創園当時から伝わる建物としては余芳閣が残っています。南北に長い池に大小四つの島を配し周囲の中国山地を借景とした構成は近世池泉廻遊式庭園の典型であり、江戸時代初期の大名庭園のおもかげをよく残しています。

[ 看板から ]
入園前の周りの風景です。
市役所の駐車場に車を停めて道を渡ると入口があります。

2枚目の写真は津山市役所です。
3枚目の写真はお食事処と書いてありました。
まだ営業時間前なのか、閉まっているようです。
4枚目の写真は入口です。

立派な門です。

入場無料なのでそのまま入ります。
ただペットは入れないようです。


1枚目の写真は入ってすぐの写真です。
池から流れる小川があります。
いつも来たときはその小川を渡って時計と反対周りに周ります。

少し歩くと池です。
蓮の花が咲く季節には蓮の花がきれいに咲きます。

公園を囲むように背の高い木があり、
ちょっとした小道がありました。
可愛いです。

他にも絶妙なバランス感覚の松が!!!
綺麗に剪定されていますが、幹はあらかた池の上。
・・・どうやって剪定してるんでしょう。

4枚目の写真は橋が架かった島の様になっています。
池に移った木がきれいです。
鏡みたいですね。

渡って近づくと
皇太子殿下御手植松と書かれていました。
まさにこの場においでになられていたのですね。






さらに奥にあるくとお家(?)と枝垂れ桜が。
まだ桜は下の方だけでしたが、風流ですね。

手前にある松も綺麗です。

建物に回り込むと
「風月軒」でいいでしょうか。
座敷になっているようです。

さらに奥へ進むと
桜がさいていました。
他の桜より早いので見れて良かったです。
この木だけこの日は満開でした。

それにしても公園内は奥に進むにつれ
小川が沢山あります。
水の音が至る所から聴こえ、どこも綺麗に整備されていました。
落ち葉取り用の熊手が可愛らしくて良かったです。

奥に進むにつれ周りの木はどんどん大きくなっているようです。
水の音と木漏れ日が清々しく心地よかったです。
木陰の道を歩いて行くと
案内看板がありました。

順路と裏門。
反時計周りは順路の逆のようです(^-^;)
裏門があるのは初めて知ったので裏門に行ってみました!

門を抜けると普通の住宅街のようです。
裏門の横に水路があって水はここから流れ込んでいるようです。

裏門の前に切株から生えている木を発見しました!
風の〇のナウシカのような
もののけ〇のような世界観・・かな。

可愛かったので撮影です。
裏門から順路をさらに逆に進むと
大木が沢山あります。
神秘的な空間でした。

以前は水が流れていた水路だったんでしょうか。
今は水はありませんが石の灯篭があります。

近づいて撮影すると
光の帯が!
ちょっと顔をこちらに向けた龍神様みたいじゃないですか(*^-^*)
ありがたや~。

そこをさらに少し歩く小川と池の間にお社がありました。
お賽銭を置き参拝しました(-人-)
文字も読めなかったですが、帰って調べると
「七面大天女」と書かれていたようです。

関東の方でお祀りされている龍神様(大蛇様)の様で
病気の治癒や旅行の安全祈願など御神徳があるようです。
詳しくは「七面大天女」と検索してみてくださいね。
さて、順路とは逆にどんどん歩くと
立派な建物がありました。
迎賓館と書かれているのでおもてなしや何か行事がある時には開くんでしょうね。

休憩できるお手洗いや
お店もありました。

朝、爽やかな散歩ですが、
お隣は津山商業高校です。
なので、野球部の部活の声がまた活気があってとても良かったです。

順路の横には休憩できるようにベンチもありました。

そこを抜けると出口(入口)に戻ってきました。
次回は枝垂桜や蓮の花が咲く季節に来てみようと思います。
ページのトップへ戻る